【三陽中学校 校長室】counter0counter0counter4counter4counter6counter7

  
9月30日(日) 第64回れんげ祭 2018-09-30 16:35 
 二日間にわたって開催された第64回れんげ祭の幕が閉じました。生徒会役員のみなさんを中心に、生徒が主体になって創り上げる文化祭になったと感じています。みんなで盛り上げ、一つになっていく姿が感動的でした。
 その感動は、開祭式から始まりました。生徒会役員のみなさんによる寸劇では、悪い心や失敗に負けないで、一人一人が自分らしい花を咲かせ、それぞれを認め合っていこう、三陽中の絆を深めていこうという決意が伝わってきました。
 続いて、意見発表と英語スピーチがありました。日々の授業の成果の発表です。深く考え、学んでいる姿に、心動かされました。
 そして、生徒会企画では、有志等による個性あふれる発表がありました。温かい歓声や拍手が体育館を包みました。
 各学級、部活動、生徒会等の展示発表では、各教室ともに美しく整えられ、気持ちよく日々の成果を見学することができました。
 午後のステージでの部活動の発表は、どれもレベルが高く、体育館は笑いと感動に包まれました。
 そして今日の音楽会。今までの練習、準備は本当に大変だったろうと思いますが、どの学級も自分たちのカラーを出した合唱となっており、心から楽しむことができました。PTAコーラスの皆様の熱唱にも感謝しております。生徒たちの温かい拍手が印象的でした。
 審査員の中村先生、そして、来賓の方々も、素晴らしい音楽会だったと感動されていました。私も「やっぱり三陽中は、すばらしい」とあらためて感じました。
 生徒のみなさんは、この「れんげ祭」を通してたくさんのことを学んだと思います。何かを新しく創造すること、みんなで協力することのすばらしさを実感し、その中で、一人一人が美しい花を咲かせたのではないでしょうか。三陽中学校の可能性というものを限りなく感じた二日間でした。
 参観された保護者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。課題もありますが、全てを含めてご意見をお寄せいただければありがたいです。三陽中の生徒たちが更にたくましく心豊かに育っていくよう尽くしてまいります。
 
9月14日(金) 探究学習 2018-09-14 16:46 
 本校では、「自ら問いを立て、方法を考え、仲間と協働し、答えを見つけ出す生徒」を育むために、探究学習を大切にしています。
 9月11日(火)には、保健体育の公開授業が行われました。長野市教育委員会をはじめとして、市内の先生方が参観されました。
 1年生の陸上競技「リレー」の学習で、スピードにのったバトンパスができるよう追究する授業でした。生徒の感想の一部です。
 「今日は体育で公開授業がありました。授業中は、結構、真剣に意見を出し合っていたので、あまり周りを気にしていませんでした。でも、今、あらためて考えてみると、相当な人が周りにいたなと思います。リレーをしましたが、その前のバトンパスでかなり体力を使っていたので、結構疲れていました。もう少し速く走れたらなと思いました。」
 生徒の感想から、参観される先生方の目を気にすることなく、グループで話し合いながら、真剣に追究していたことがうかがえます。
 今日は、3年生の数学の授業を参観しましたが、そこでも、グループで話し合いながら、考えを深めていく生徒の姿がありました。「仲間と協働し、自ら答えを見つけ出す」という姿は育ってきているなと感じました。
 「自ら問いを立て、方法を考える」ことは、大人でも簡単なことではありません。生徒と共に、私たちも学んでいかなくては、感じました。
 
8月30日(木) 2学期のはじめに 2018-08-30 11:48 
 2学期がスタートして、1週間がたちました。始業式と合わせて、ALTのビザール先生の紹介式を行いました。アメリカのシアトルから来ていただきました。英語の授業で、ビザール先生との生きた英会話が楽しみですね。
 夏休み中、男子バスケットボール部、女子ソフトテニス部が長野県代表として北信越大会に出場しました。女子ソフトテニス部が団体戦で3位となりました。吹奏楽の県コンクール、合唱の北信コンクールも開催され、それぞれ銀賞を受賞しました。他の部活動もれんげ祭や新人戦に向けて、猛暑の中、練習に取り組んでいました。
 れんげ祭へ向けた準備が着実に進んでいます。昨日は、生徒会企画のオーディションが行われました。発表が終わったあとの生徒の表情はとても晴れやかです。結果の発表はまだですが、仲間とともにやりたいことをやり切った満足感を感じました。
 本校では、探究学習を大事にして、教育活動を進めています。道半ばですが、生徒たちの姿から「やりたいことを、自分たちの方法でやり切って、満たされる」ことが大事だと感じました。
 
7月23日(月) 交通安全運動 西日本大豪雨への募金活動  2018-07-24 14:38 
 22日(日)に交通安全やまびこ運動が始まりました。上高田では、警察、交通安全協会、住民自治協代表、三陽中の生徒など200人が集まり、街頭啓発活動が行われました。
 はじめの会で、3年6組の生徒たちが、学級での取組を紹介するとともに、悲しい事故が減ってほしいと決意表明をしました。
 23日(月)は、生徒会による西日本大豪雨災害への募金活動の最終日でした。生徒会長の本藤生蕗くんが、150,410円の寄付金が集まったことを報告してくれました。生徒会長は「保護者や地域の皆さんのご協力のおかげで予想以上の金額となりました。日本赤十字社を通して、被災地にお届けする予定です。」と話してくれました。
 中学生にできることをしたいという思いに応え、協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
7月19日(木) 宿泊学習・職場体験・特別日課 2018-07-20 07:40 
 1学年が菅平に宿泊学習に出かけています。昨日は、飯盒炊さん、キャンプファイヤー等が楽しく行われ、予定どおり、日程で、2日目に入っています。
 2学年は職場体験学習を行っています。昨日、私も生徒の様子を見に行きました。JR東日本長野土木技術センターで体験する生徒たちは、新幹線高架橋の安全点検をしていました。高所作業車に乗って、目視とハンマーによる点検、赤外線カメラやドローンを用いた点検など、本格的に取り組んでいました。実際は、危険を伴う仕事ですが、今回は安全な作業環境の中で、体験させていただきました。生徒たちは真剣な表情で取り組んでいました。
 3学年は、総合的な学習の時間や進路講話、赤ちゃんだっこ等、特別日課で学習しています。昨日行われた租税教室では、公認会計士の弓場先生から、お話をお聞きしました。中学生一人あたり年間100万円程度の税金が投入されていることを知り、生徒たちは驚いていました。
 猛暑が続いていますが、それぞれの学年で充実した学習が行われています。
 
News - Nagano Easy Web System© produced by School Partners Nagano