これぞ「アクティブラーニング」
放課後は、様々な部活動の練習に顔を出して、生徒たちのがんばっている姿を見ていますが、最近は特に合唱部の生徒の様子に頼もしさを感じ、思わず足を止めてしばらく見入ってしまいます。
1曲歌った後、課題をみんなで出し合います。
「60小節のところ、声がばらけている。」
「HとかFの音が遅れがちになる。」
「フォルテシモからメゾピアノに移るところ、あまり変化が感じられない。」
「ここのところ、声も音程もバラバラ。」等。
私のような素人が聴いていると、完成された合唱のように思えるのですが…。
生徒たちはお互いに歯に衣を着せずにズバッと言い合います。そしてそれをみんな笑顔で聴き合い、次は出された課題をクリアしようとして歌ってみます。
また新たな課題が出てくると、全員で確認し合って次に生かしていきます。
そして、自分たちで納得できないところは繰り返して何度も何度も歌い込んでいきます。
生徒たち自らどんどん高まっていこうとしている姿に心を打たれました。
これぞ学び合い。これぞアクティブラーニングです。
明日の壮行会では合唱部が歌を披露してくれる場面があります。 楽しみです。

お名前
コメント
(コメントは全角文字で入力してください)