2学期が
8月27日(月)、2学期の始業式でした。
朝、校門付近に立つと、笑顔で元気よくあいさつしてくれる生徒の皆さんの様子を見ることができ、嬉しく思いました。
夏休み前も酷暑の毎日でしたが、2学期がはじまっても暑い日が続いています。引き続き運動着での登下校を認めるということにします。
始業式で各学年代表の生徒さんが2学期の決意を語ってくれました。ありがとうございました。3人に共通していることが、学習面のことで、特に授業に取り組む姿勢をしっかりしたいということを話していました。

受験は団体戦という言葉があります。 試験を受けるときは当然1人です。そのときに他の人の力を借りることはできません。もしそのようなことをすれば不正行為として扱われることになります。
しかし、入学試験を受ける直前までは、みんなで力を合わせて一緒に力をつけていけばいいのです。 学級全体が、やる気に満ちあふれている雰囲気を一人一人の努力とみんなの協力で作り上げていくことが大事なのです。 そして、わからないところは、教え合い、学び合い、そして、「俺もがんばるからがんばろうぜ。」って励まし合いながら高まっていく。これが学級です。 しかし、もしその中で例えば3〜4人ぐらいの人が、足を引っ張るとどうなるでしょうか。それだけで、がんばろうという雰囲気は崩れてしまいます。 足を引っ張るというのは具体的にどのような行為でしょうか。 授業と関係ないことをしゃべっていて授業が進まない。「めんどくせーな。」とか「何でこんなことやらなきゃいけないんだよ。」なんて、声に出していっちゃっている人いませんか。 寝ている人。がんばろうと思っているけどくたびれていて寝ちゃうのではなく、最初から机に突っ伏して寝ちゃっている人。 ノートなんかとらないで、姿勢の悪い人。やる気のなさが態度に表れちゃっている人。 このような人はいませんか。 こういう人は、「別に他人に迷惑をかけているわけじゃないからいいじゃねえか。」ってよく言います。 しかし、大きな間違いです。実は大迷惑です。 受験する高校は様々です。テストの点が高い人、あまり点数がとれない人、いろんな人がいますが、クラスみんなでがんばるんです。みんなで教え合ったり学びあったり励まし合ったり、そうやって高まっていくんです。そういう中でやる気のない態度をとるということは、クラスの中のみんなでがんばろうっていう雰囲気を台無しにしているんです。
授業に集中する雰囲気を台無しにする人個人を攻めるつもりはありませんが、自分の発している言葉や態度がクラス全体にどのような影響を与えているだろうと、ぜひ、自分自身を振り返ってみてください。
そしてもし自分の周りにがんばろうという雰囲気を台無しにする発言をしたり態度をとったりする人がいたら、そのような人を放置しないでほしいのです。
この人はいつもこうだから仕方がないといって、見捨てないでほしいのです。
「一緒にがんばろうぜ。」って声をかけてほしいのです。
かかわってあげてほしいのです。
わからないところを教えてあげてほしいのです。
なぜなら、仲間だから。
目標と目的という言葉があります。似ていますが、ちょっと意味が違います。受験勉強における目標と目的って何でしょう。
◯◯高校に合格するというのは、目標です。しかし、目的は、合格するために努力したり協力したりする中で培われる忍耐力や協調性や人に思いを寄せる心など、人間性を高めることなのです。 そう、受験勉強も人間力を高める一つの大事な活動なのです。
長いお休みの後なので、学校の生活リズムに体と心が慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。
少しずつでいいので、普段の学校生活のリズムを取り戻すようにしていきましょう。
もし、悩み事があったら、担任の先生や話しやすい先生に相談してください。日記に書いてくれてもいいです。
充実した2学期にしてもらいたいですね。

お名前
コメント
(コメントは全角文字で入力してください)