平成30年度卒業証書授与式が行われました。
3月15日(金)卒業証書授与式が行われました。前日は季節外れの大雪が降りましたが、当日は朝から快晴。卒業式日和となりました。
多数のご来賓の皆様にご臨席式をいただき、盛大に式を行うことができました。心より感謝申し上げます。
232名の卒牛生。卒業おめでとうございます。
 皆さんの晴れの門出を心から祝福いたします。
皆さんの姿を見ていて感じたことは、最上級生として後輩たちに大事なものがしっかり受け継がれていくであろうということでした。 後輩たちの心の中に、目指すべき目標、目指すべき姿として深く刻み込まれたことと思います。
 更北中では、11月に齊藤幸男先生をお迎えして、「災間を生きる君たちへ」というテーマで防災についてお話をお聞きしました。命の尊さ、人を守るという強い心と人に心を寄せることの大切さを学びました。意志の強さと人への思いやりをいつまでも持ち続ける人になりたいものです。
 日々自分を新しく変え、成長していくという意味の「自己を維新する人生」を送ってほしいと思います。
夢や希望に胸を膨らませ、なりたい自分、理想の自分に近づくことができるよう自分自身を磨いていってください。
 保護者の皆様にはこれまで本校の教育活動にご理解ご協力を賜りまして、ありがとうございました。  ぜひ、これからもお子様をいつくしみ、お支えいただきたいと思います。  卒業生の前途に開ける未来に幸多かれと祈っています。                       

お名前
コメント
(コメントは全角文字で入力してください)